風俗行ったら友達の妹がいた

人生で風俗だけが自分の娯楽

人生の中で風俗だけが自分が心から「楽しい」と思える娯楽ですね。他にも何となく楽しい雰囲気を味わえるものはあります。人付き合いで一応は楽しい振りをしているものも多々ありますけど、自分が本音で「これは最高だ」と思えるのは風俗だけと言っても過言ではありません。何せ風俗は自由だし、自分が求める世界があります。女の子との時間は何にも代えがたいものですし、一緒の空間で二人でいるというシチュエーションそのものだけでも興奮を生むものなんじゃないのかなって思いますよね。だから風俗で遊ぶ時に自分が心がけているのは自分に合っている風俗嬢なのかどうかという点。そして、その子を指名して遊んだらどれだけの満足が待っているのかという点。こういったことをいろいろと考えるだけでも全然違う展開がまっているってことに気付きました。こうったきもちになるのも、それだけ自分が風俗に対してこだわりを持っているからこそでもあるのかなって思いますけどね。

ベストタイミングで遊ぶんです

ベストタイミングで遊ぶことこそ、風俗ではなによりも重要なことなんじゃないのかなって心掛けているんですよ。というのも、風俗ってどのタイミングで遊ぶのかによって自分の気持ちは全然変わるじゃないですか。余裕のある時手と立て込んでいる時とではやっぱりそれなりに違うと思うんですよね。だからこそ、より風俗を楽しむのであれば余裕のある時にって思うのはおかしな話ではないんじゃないのかなって気持ちはあります。むしろそのタイミングこそ、風俗を遊ぶ際のベストタイミングなんじゃないのかなと(笑)せっかく風俗で遊んでいるのに仕事のことを考えたり、終電はあるのかなとか風俗意外のことを考えるのは嫌じゃないですか。遊ぶからには風俗以外のことを一切考える必要が無いようなシチュエーションでって気持ちはありますので、ベストタイミングを求めて遊ぶよう心掛けていますし、そのタイミングで遊ぶ風俗こそ、何よりも楽しいものだなって感じますけどね。