風俗行ったら友達の妹がいた

振られた勢いで風俗に行ってきた

前々からあまり上手くいっていないとは思っていましたけど、別れ話に発展するとは思っていませんでした。でも、こっちとしてもあれこれ言われるくらいならもういいかなって気持ちになっちゃったんですよね(苦笑)一時のイライラなのかもしれないんですけど、言ってよいことと悪いことがあると思うんですよ。だからもういいやと。それで彼女と別れて、その足で風俗に行ってきました(笑)完全に勢いですよね。むしろ勢いがなければさすがに難しいでしょう。相手をしてくれた風俗嬢に「たったさっき別れてきた」と告げたら驚いていましたよ(笑)まぁ普通に考えたら別れてからしばらくして風俗で遊ぶのは珍しくないでしょうけど、別れた直後にってなるとさすがに珍しいのかもしれないですね(笑)でも自分ではその分楽しめましたし、何より面白いなって思ったのが風俗ってどんな自分でも受け止めてくれるので、恋人よりもむしろ包容力があるんじゃないのかなと思いましたよ(笑)

草食系じゃないんです。面倒だからです

一昔前に流行って、最近ではすっかり定着した感もある「草食系男子」という言葉。自分もよくそう言われるんですけど、決して性欲がない訳じゃないんです。男だから性欲に襲われる時もありますけど、でもそこで女を頼るとかえって面倒だってことが分かっているからこそ、女の子に対してアプローチするとかではなく、あくまでも自分で完結させるからそれでいいだろうって言う気持ちがあるんですよね。だって女を頼ったらそこでいろいろなことを要求されるし拘束されるし、さらには自分の気持ちがどれだけ性欲が噴出しても相手にその気がなければならないんです。おかげでかえって欲求不満になることもあるんじゃないですかね(苦笑)それなら恋人なんて作るよりも、初めからいざという時には風俗を頼れば良いだけの話なんじゃないのかなって思うようになりました(笑)風俗で十分という考え、きっと自分だけではなくいろいろな人が思っているんじゃないですかね。それが草食系男子の正体ですよ。